Activity Report活動領域・活動紹介

14.04.04 KAITEKI CAFE™

【KAITEKI】を提案する新しいスタイルのカフェ

 地球快適化インスティテュート(TKI)には三菱ケミカルホールディングス(MCHC)グループが目指す“KAITEKI”を世の中に発信する、というミッションもあります。その発信の一つの拠点として2011年4月にKAITEKI CAFE™を開店しました。当初は港区芝の旧MCHCビル1階にありましたが、MCHCグループが本社機能を千代田区丸の内のパレスビルへ移転・集中させたことに伴い、このKAITEKI CAFE™も近隣の大手町へと移転し、2012年9月より営業しています。

 現店舗は地下鉄大手町駅に直結する、大手町で最も歴史のある大手町ビルの1階に位置しており、ゆったりとした広いスペース(座席数:119席)を有し、ビジネス街の中にありながらほっとした安らぎが得られる空間となっております。ミッドセンチュリーのインテリアを配したクラシックモダンな店内には、MCHCグループの先進的な製品、例えば、有機EL照明パネルのディスプレイ、LED照明、薄膜太陽電池、クリンスイ浄水器、人工大理石、アルミ積層複合板などが使われており、“KAITEKI”を体感することができます。2013年1月には店内に三菱化学の植物工場‘Plant Plant’も設置し、植物の生長がお客様の注目を集めています。都会の真ん中で天候に左右されず計画生産が可能で、2週間に1回の収穫日のランチメニューでは採れたての無農薬野菜を味わうことができます。店内はフリーWi-Fiで、自由に使えるタブレット端末が4台設置されており、その電源には太陽電池が使われております。廊下側に設置されている「クリンスイウォーター」(給水器)では誰でもいつでも簡単においしい水を給水することができ、常時利用されている方も多いようです。また、店内で提供される料理はすべてこのクリンスイによる浄水を用いて調理されています。店入り口前にあるランチのサンプルケースは三菱レイヨンの透明なアクリル樹脂に三菱化学製の曇り止めを塗って作成されており、中の料理がクリアにくっきりと見えるようになっています。

 KAITEKI CAFE™は、CAFEとしてのみならずそのゆったりとした落ち着きのある空間を利用して丸の内朝大学の「キャンパス」としても利用され、結婚式の2次会や貸切パーティーなど各種イベントの会場としての利用も増えてきています。

 是非ご来店いただき、野菜が多くヘルシーで、美味しい食事を楽しみながら、MCHCグループが提案する“KAITEKI”を体感してください。

(KAITEKI CAFETMのホームページ: http://www.kaitekicafe.jp/