Company会社情報

21世紀の今日、人々は、地球環境問題をはじめ、エネルギー・資源の枯渇、水・食糧危機、
そして健康問題など、さまざまな問題に直面しています。
このような問題を解決し、地球全体にとって快適な状態を実現するため、三菱ケミカルホールディングスグループとして何ができるか…。
それを探究するための機関として設立されたのが、地球快適化インスティテュートです。

名誉アドバイザー 小宮山 宏

株式会社三菱総合研究所 理事長

1944年栃木県生まれ。1967年東京大学工学部化学工学科卒業。1972年同大学大学院工学系研究科博士課程修了。1988年東京大学工学部教授、2000年工学部長、大学院工学系研究科長、2003年副学長などを経て、2005年4月第28代総長に就任。2009年3月に総長退任後、同年4月に三菱総合研究所理事長に就任。2010年8月には、サステナブルで希望ある未来社会を築くため、生活や社会の質を求める「プラチナ社会」の実現に向けたイノベーション促進に取組む「プラチナ構想ネットワーク」を設立し、会長に就任。
著書に「新ビジョン2050(日経BP社)」、「日本『再創造』(東洋経済新報社)」、「『課題先進国』日本(中央公論新社)」など多数。また、2020年に瑞宝大綬章、2017年ドバイ知識賞、2007年イタリア連帯の星勲章、2014年「情報通信月間」総務大臣表彰、2016年財界賞特別賞、2016年海洋立国推進功労者表彰など、国内外の受賞も多数。

アドバイザー 尾崎 紀夫

名古屋大学 大学院医学系研究科 精神医学・親と子どもの心療学分野 教授
名古屋大学 脳とこころのセンター長、ゲノム医療センター長

1957年京都市生まれ。1982年名古屋大学医学部卒業。社会保険中京病院研修医、名古屋大学病院精神科、中部労災病院精神科勤務を経て、1990-1995年ロータリー財団奨学金を得、米国・国立精神保健研究所 (NIMH) Visiting Fellow. 1995年藤田保健衛生大学医学部精神医学教室講師、1998年同教授。2003年名古屋大学大学院医学系研究科精神医学分野・親と子どもの心療学分野教授、現在に至る。
研究領域はゲノム医学、疫学、産業精神保健、時間生物学、臨床精神薬理、神経科学、リエゾン精神医学など。専門医・認定医の資格を多数取得し、World Federation of Biological Psychiatry (Executive Member; 2005-2009)、Pacific Rim Association for Clinical Pharmacogenetics (Executive Board Member)、日本精神神経学会 (理事)、日本生物学的精神医学会 (理事長)、日本うつ病学会 (前理事長)、日本神経精神薬理学会 (理事)、日本臨床精神神経薬理学会 (理事)、日本学術会議第25期二部幹事などの学会活動、World Journal of Biological Psychiatry、International Journal of Neuropsychopharmacology、Psychiatry and Clinical Neurosciencesや臨床精神医学、精神医学などの雑誌編集にも携わっている。

アドバイザー 児玉 龍彦

東京大学先端科学技術研究センター がん・代謝プロジェクトリーダー

1953年東京都生まれ。1977年東京大学医学部医学科卒業、1984年博士 (医学) 取得。1977年東京大学医学部内科研修医、1984年東京大学医学部第三内科助手、1985年マサチューセッツ工科大学生物学部研究員、1989年東京大学医学部第三内科助手を経て1996年より東京大学先端科学技術研究センター教授、また2011年より2017年まで東京大学アイソトープ総合センター長を兼任した。
2018年4月より、東京大学先端科学技術研究センターでがん・代謝プロジェクトを率い、がんや生活習慣病の薬を設計する新しい技術を開発している。

アドバイザー ヤン・ウースターフェルト

IESEおよびナバーラ大学 教授

IESEおよびナバーラ大学教授。近年は、イギリス、ベルギー、フランス、ドイツ、オランダの上場企業の取締役、The International Academy of Management (The IAOM)総長、そしてオランダのグローニンゲン大学理事を務めた。
1972年、ロイヤルフィリップスに入社、スペイン、オーストリア、オランダで経営幹部を務め、常務取締役としてビデオレコーダー事業とその研究開発を統括した。1989年、CDROM、 CDR/RW、そしてDVDを生みだしたフィリップスキーモジュール事業を立ち上げ、7年間で100万ドルの事業を10億ドルへと成長させた。1997年にはフィリップスCOE直属の執行役となり、戦略、提携、合弁、再編に関わり、韓国のLGエレクトロニクスとの二つの共同事業に携わった。さらに香港に本社を置きアジア太平洋地域を統括するRoyal Philips Asia Pacific BVのCEOを務めた。
1969年オランダのアイントホーフェン工科大学から機械工学の修士号を、1972年スペインバルセロナのIESEから経営学の修士号を、またロシアのモスクワ国立経営大学から名誉博士を授与された。

アドバイザー 廣瀬 通孝

東京大学先端科学技術研究センター サービスVRプロジェクトリーダー

1954年神奈川県生まれ。1977年東京大学工学部卒業。1982年東京大学大学院工学系研究科博士課程修了、工学博士、東京大学工学部講師、助教授、教授を歴任。2018年東京大学バーチャルリアリティ教育研究センター長を併任。この間、日本VR学会会長などを務める。2020年4月より現職。
専門はシステム工学、ヒューマンインタフェース、バーチャルリアリティ。我が国のVR研究における先駆的役割を果たし、「デジタルミュージアム」、「デジタルパブリックアート」、「バーチャルスタジアム」などの大型研究プロジェクトのリーダを務めた。東京テクノフォーラムゴールドメダル賞、大川出版賞など多数受賞。主な著書に「バーチャルリアリティ」(産業図書)「ヒトと機械のあいだ」(岩波書店)などがある。

アドバイザー 森川 博之

東京大学 大学院工学系研究科 教授

1965年千葉県生まれ。1987年東京大学工学部電子工学科卒業。1992年同大学院博士課程修了。博士(工学)。2006年東京大学大学院教授。2002~2007年NICTモバイルネットワークグループリーダ兼務。モノのインターネット/M2M/ビッグデータ、センサネットワーク、無線通信システム、情報社会デザインなどの研究に従事。
電子情報通信学会論文賞(3回)、情報処理学会論文賞、ドコモモバイルサイエンス賞、総務大臣表彰、志田林三郎賞、大川出版賞など受賞。OECDデジタル経済政策委員会(CDEP)副議長、Beyond 5G新経営戦略センター長、新世代IoT/M2Mコンソーシアム会長、5G利活用型社会デザイン推進コンソーシアム座長、スマートレジリエンスネットワーク代表幹事、情報社会デザイン協会代表幹事、総務省情報通信審議会部会長等。著書に「データ・ドリブン・エコノミー(ダイヤモンド社)」「5G 次世代移動通信規格の可能性(岩波新書)」など。

アドバイザー デイビッド・ディーン

ボストン・コンサルティング・グループ シニア・アドバイザー

ボストン・コンサルティング・グループ (BCG) のシニア・アドバイザーを務める。BCGでは、およそ30年にわたり同社のシニア・パートナーとして世界中の主要ハイテク企業や電子通信企業の戦略的なテーマや経営上の最重要課題に関わり、さらに幾年もの間テクノロジー・メディア・通信コンサルティング・グローバル・チームを率いた。
現在はまた、マレーシアのクアラルンプールを本拠とするアクシアタ・グループ、インドネシアのジャカルタに本社を置くXLアクシアタ、そしてネパールのカトマンズにあるNcellアクシアタ各社の社外取締役、ドイツ・ババリアにあるThe SUSS MicroTec Groupの監査委員会(The supervisory board)の議長でもある。 これまでに世界経済フォーラムの幾つものイニシアチブに貢献し、デジタルコミュニケーションズのGlobal Agenda Councilのメンバーを務めた。イギリス・オクスフォード大学から1979年に物理学学士号を、1982年に原子物理学博士号を授与され、その後ドイツ・ユストゥス・リービッヒ大学ギーセン、およびニューヨーク州立大学にて研究に従事した。