Newsニュース

2014.1.27 UCLA James Liao教授、米国科学アカデミーアワード受賞

地球快適化インスティテュート(TKI)が4年間にわたって研究開発を委託しているカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のJames Liao教授が2014 National Academy of Science Award for the Industrial Application of Science (米国科学アカデミー、応用科学賞)を受賞しました。 この権威ある賞は3年ごとに、研究の独自性、科学分野での本質的重要性、そして産業への有用性が評価された研究者に贈られるものです。今回は特にLiao教授のバイオ燃料生産プロセス開発に関する優れた業績に対する受賞となりました。

TKIは人類社会のサステナビリティの向上を目指した取り組みの一環として、2010年に遺伝子組み換えした藻類を使ってCO2から化学品原料のアルコールを作る研究を、そして2013年より家畜の糞尿などから有用な化学品を得る研究開発を、Liao教授に委託してきました。この度のLiao教授の受賞に、TKIの依頼のもとに進めている研究が貢献できたことを喜ばしく思います。